こんなに費用が違う! ユーザーが選ぶ車検の方法3選

こんなに費用が違う! ユーザーが選ぶ車検の方法3選

満貫全席のディーラー車検

メーカーの看板を掲げているところでの車検ですので、その会社の車であれば他の追従を許さず完璧に修理してくれる、それがディーラー車検です。専用テスターでの調査、メーカー純正パーツの使用、定期点検項目以外の点検、これら車検の整備の保証がついてメーカーの看板に恥じぬサービスを提供します。更に土日祝日の対応と代車が無料等至れり尽くせりであり、文字通り車検の満貫全席と言えるでしょう。特に新しい車のコンピュータ系統はメーカーだけあって他の追従を許さない物となっています。反面全車検の中で一番費用が掛かり、一番安いユーザー車検との比較では「これが本当に同じ車検か」と言いたくなるほどです。費用は高い物の他の車検と違い、土日の融通がし易い為忙しかったり完璧を求める人、費用捻出が苦にならない方向けと言えるでしょう。

長年培った修理の腕を見せてやる! 民間整備の腕前とは

その会社に特化したのがディーラー車検とすれば、民間整備工場での車検は幅広く扱ってきた多種多様な対応にあります。様々な車を扱ってきた腕と経験に裏打ちされた技術はディーラーに引けを取る物ではありません。特に長年ラインナップされている車種に関してはディーラーよりも腕が良い事もしばしばあります。最新機種のコンピューターにはディーラーほどのノウハウは無い物の、それ以外は全く問題はないですよ。また、壊れた個所もリビルド品を使う等でコストを抑え安く直す様心掛けています。ただし土日祝日の融通は効かず代車も有料というところがほとんどです。近所に整備工場の良い噂があるならば、それは次回の車検の選択肢に幅ができたと言えるでしょう。

究極のコストダウン! ユーザー車検とは

これまで紹介してきた車検は基本的に他社の手に委ねて検査してきましたが、ユーザー車検はその名の通り自分自身で車検場に持ち込み検査する物です。車の整備・必要書類等何から何まで全部自分で用意しなくてはならない反面、費用は恐ろしく安くディーラーでの見積もりを見た後では悩みかねない魅力がユーザー車検にはあり、具体的にはディーラーの半額も夢ではありません。なおもう少し費用がかかってもいいならユーザー車検も代行してくれる業者が存在する為そちらに依頼するのも一つの手と言えるでしょう。反面前者2つと違うのは壊れている、または壊れかかっている個所は別途費用で直さなければ車検をパスできず修理する箇所は最小限という点が異なります。要するに車検をパスするだけなので、その後適切なメンテナンスを行わなければ破損する可能性が前者2つより高いという事でしょう。また車検場は土日はやっていないのと、車検場は自分の住んでいるところからどのくらいの距離にあるのかを留意する必要があります。とはいえその費用は一考する価値はあると言えるでしょう。

車検はいろいろな場所で受けることができますが、中でも安価で簡単なのがガソリンスタンドで受けられるものです。