オーボエはオーケストラの花でもあるから楽しい

オーボエはオーケストラの花でもあるから楽しい

オーボエは魅力的な楽器

楽器を始めたい時に、オーボエをおすすめします。フルート、クラリネット、ファゴットの木管楽器といわれる中に入る楽器です。音を鳴らすのにとても難しいと言われている楽器でもあります。音程を合わせるのにも口を使ってうまくコントロールしながら吹いていきます。そこで他の楽器とあわせることがとても難しい楽器です。しかし、音色はとてもきれいな優雅な音をしていて、オーケストラでは旋律を吹くことが多いことから花でもあります。

指使いや音を出すのが難しい

オーボエはファゴットと同じダブルリードという2枚のリードを合わせて音を鳴らしている楽器です。そこで指使いがとても難しいと言われています。初心者の方には練習がかなり必要になってきますが、なれてくるとそれがとても楽しくなる楽器でもあります。口で高い音を出したりすることもあるから、音程をしっかり知っておかないとうまく吹くことができません。音色はとても美しく、ハクチョウを思わせるようなきれいな音色を出す楽器でもあります。

チューニングをする人

オーボエは、オーケストラでチューニングをする人でもあります。演奏会があると、バイオリンの人に音をとる役目があります。チューナーを見て音をとって、それをバイオリンが音をとって、他の弦楽器と音を合わせていきます。オーボエは、寒くても暑くても楽器のチューニングを合わせる時に管を抜いたりして調整をしません。口でコントロールをして高くしたり、低くしたりします。音程を調整できないために他の楽器があわせていると言われています。

オーボエは木管楽器の一つで、リード・上管・下管・ベルという4つのパーツから出来ています。マウスピースの代わりに上部先端にリードを2枚取り付けて演奏する、ダブルリードの楽器です。