いつ交換すればいいの?弦楽器の弦を交換するタイミングと注意点

いつ交換すればいいの?弦楽器の弦を交換するタイミングと注意点

弦を使い続けていると錆びてしまう

エレキギターやエレキベースなどの楽器を初めて買った初心者が悩む問題の一つに、「弦はどういうタイミングで張り替えればいいのか」というものがあります。エレキギターとエレキベースの弦はどちらも金属製であり、ずっと使い続けているといずれ錆が出てきます。その状態で弾くのは危険なので、錆びてきたら当然交換するということになりますが、実際にはもっと前の段階で張り替えた方がいいです。というのは、弦は新しいほどいい音を出すからです。

弦を安定させてからチューニングしよう

弦をずっと使っていると、人間の汗や脂質などが入り込んでしまい、音が響かなくなってしまいます。なので、楽器を弾いていて以前よりも音が伸びないと感じたら、その時点で交換するのがいいでしょう。では、弦を初めて交換する場合、どういったことに注意すればいいのでしょうか。一番大事なのは、弦を安定させるということです。弦を張り替えた直後にチューニングをして音を合わせても、すぐにずれてしまうので、何度か弦を引っ張ってなじませてから再度チューニングしてやると安定します。

スケールに合わせて弦を買う

また、スケールに合った弦を張るというのも重要です。エレキギターやエレキベースのスケールはすべてが共通しているわけではなく、長さはまちまちです。たとえば、腕があまり長くない女性用としてスケールが短いモデルが存在しますし、反対に腕の長い男性用としてロングスケールと呼ばれるモデルがあります。ロングスケール用の弦を買ってきて、ショートスケールの楽器に張ろうとした場合、一応、張ることは可能ですが長さがまったく合わないので不格好になりやすいです。

サックスとは正式名所はサキソフォンといい、楽器の中では新しい部類の物です。金属製でオーケストラでは木管楽器と金管楽器の橋渡しをする役割があったりします。